うつ病で病院にかかる時にしておきたいこと。

医師に伝えたいことをまとめておく。

うつ病は、主に心療内科や精神科で治療を行うものですが、その治療を行う際にしておきたいことがいくつかあります。医師の診察時間は、それぞれの病院にもよりますが、一定の時間以内で行うので、その時間内に自分の症状や困っていることなどを伝えられるようにノートなどにまとめておくことが必要になってきます。うつ病の症状がある時は気分も落ち込んでいて、思うように話すことができなかったりするので、受診前に前もって伝えたいことを考えておけば、治療もスムーズにすることができると思います。

医療の助成制度を利用するための申請をしておく。

精神疾患の治療は長引くことも多く、それに伴って治療費もかさむものですが、精神疾患に関しては、申請を行えば治療費に関しては助成が受けられる制度があります。初診で医師に治療期間がどれくらいかかりそうかを尋ね、必要に応じて助成制度を利用しましょう。申請は各自治体の役所が窓口になっており、病院で診断書を書いてもらったり、書類を用意したり記入する必要があります。わからないことがあれば、病院の事務担当職員や、役所の担当の職員に尋ねてみましょう。

大まかな治療内容について知っておく。

うつ病の治療には、抗うつ剤や抗不安薬などの薬を服用する薬物療法や、カウンセリングなどを受ける精神療法や、考え方を変えることによって心の問題の解決を図る認知行動療法などがあります。うつ病の治療は、それぞれの治療法を単独で行うこともありますし、複数の治療法を組み合わせて行うこともできます。うつ病の治療を行う前に、どのような治療を受けられるかということを知っておき、かかりつけの精神科医と相談して自分にとって最適な治療法を選んで行う必要があります。

社員の健康を守るのは企業にとって課題のひとつです。そのために、うつ病チェックを導入したいのならば専門家に相談してみるのが良い方法です。

You may also like...